読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ひつじコラム hitsujicolumn

京都に住むひつじ。音楽聴いて本読んで、ごはん食べて、寝る。

不毛な文系理系論争から繋がる、現代日本の生きづらさ

こんばんは。

人生の夏休みを、体力回復に費やしてる京都のひつじです。

年内は割とゆっくりしたいな…。

 

今回は、友人のツイートを見て感じた、文系理系論争の不毛さについて考えたいなと思います。

 

その友人のツイートというのは、おおまかに「文学は、作品に触れることを通じて"違い"や"他者"を疑似体験し、許容し尊重できるようにするものだ」というようなものでした。

それを読んで、たしかに、「技術は目に見える生きやすさをつくり、思想は目に見えない生きやすさをつくること」を目標にしているな、と思いました。

 

下記の記事にもあるのですが、日本人は、"思想"の教養が少ないのかもしれないなと感じています。言い換えるなら、他者の多様性への理解力が低い。

t.co

 

もちろん、全ての人がそうであると言うつもりはないです。

けれど、いわゆる普通の社会のレールから外れた人は、様々な場面で排斥されていることは、事実としてあると思います。

納税してなければ社会で生きる価値がない、なんて平気で言う人がいる世の中って、どうかしてませんか?

その、今現在納税していない人が、今後重要な社会課題に取り組む人になるかもしれません。また、そんな大それた事でなくとも、その人が生きていく事で、近くにいる人に喜びを与える存在になれるかもしれません。

 

私は、最も価値あることは、自分自身に(無条件で)価値があると信じた上で、周りの人(他者)が喜ぶように取り組むことだと思います。

その論理でいくと、「おまえには価値がない」と何の躊躇いもなく他者に言える人は、僕の価値観の中では最も価値の低い人のひとりになると思います。

 

何より、他者にそのように言う人は、自分に無条件で価値がある、と信じることができない人なのではないでしょうか。

自分が出来ている事で、他者が出来ていない事に目をつけ、そこを批判する事で、自分に価値があるはずだと言い聞かせている。

(その目的に反して、自分の価値を貶めていると僕は思いますが…。)

 

何にせよ、理想的なのは「可能な限り多くの人が、充実感、幸福感を持って暮らすこと」であり、目的は決して「納税すること」でも「生きるために他者を傷つけることが必要とされる社会にすること」でもないと思うのです。

 

 

 

 こんな少女がいます。

この少女のツイッターは、現在削除され、どうなっているかはわかりません。

www.buzzfeed.com

 

戦争に巻き込まれている国は大変だな、と思われますか?

この少女を助けられるものなら助けたいと思われますか?

 

もし、そう思われるのでしたら、

今から、誰かを侮辱する事をやめましょう。

今から、他者を否定する事をやめましょう。

今から、他者の気持ち、心を尊重し、想像し、受けとめましょう。

今から、違い、多様性を理解するよう努力しましょう。

 

世界の争いはいずれも、上記の事を疎かにした結果であると思うんです。

 

アレッポの少女に少しでも心動かされたなら、

今から、身近にいる人々に優しくしていきませんか。

日本の中で、価値観の多数派にいる人々には分かりづらいかもしれませんが、日本もある意味戦争状態なのです。

毎年3万人、いいえ11万人が死んでいるのです。

隠された真実:3万人どころじゃない!本当の自殺者数は18万人!? - NAVER まとめ

 

その中のひとりひとりが、アレッポの少女のように苦しみを感じていたんです。

あなたの学校の隣の席の子、会社の隣の席の同僚、道ですれ違った人、コンビニの店員さん、親兄弟姉妹や親族の中に、アレッポの少女がいる可能性は、ほぼ100%に近いのです。

彼/彼女らは社会から排斥されていると感じています。

しかし排斥しているのは社会という曖昧な概念ではないのです。

あなたを含め、人間ひとりひとりが社会をつくりだしているのです。

そして、あなたは今たまたま価値観の多数派かもしれません。生きやすいかもしれません。

しかしそれも5年、10年すれば容易に変わってしまうでしょう。

将来の自分を、殺さない為にも、多数な価値観を許容していきませんか?

それはきっと、新しい世界をあなたに見せ、あなた自身が生きやすい世の中につながっていくと思います。

 

この日本に於いて、人々の優しさと、他者への想像力が偏見をなくし、

万人が生きづらさを感じず、楽しく暮らす事ができる社会へと向かっていく事を祈ります。